【3ヶ月無料】HIPHOP聴くならApple Music!

沖縄発のラッパー唾奇(つばき)とは?経歴やおすすめ曲を紹介!【2019年最新】

HIPHOP聴くならApple Music!
 
HIPHOP歴3年の管理人も愛用中
Apple Music

✔︎ 約5,000万曲が聴き放題
✔︎ レコメンドで新しい音楽を開拓
✔︎ 使い心地が抜群にいい
✔︎ 3ヶ月無料で体験ができる

\大人気の音楽配信サービス/

CHICO CARLITOやOzworld、Awichなど沖縄出身のラッパーの台頭が著しいですが、その中でも一際輝いているのが唾奇でしょう。

実際、2018年で一番活躍したといっても過言ではないのではないでしょうか?

さて、そこでこの記事では

  • 唾奇のプロフィール
  • 唾奇のおすすめ曲

を中心に紹介していきたいと思います。

大注目のラッパーなのでこの機会に知っておきましょう!

唾奇のプロフィール

http://www.vision-tokyo.com/artist/%E5%94%BE%E5%A5%87

プロフィール

名前:唾奇(つばき)

誕生日:1991年8月4日

出身:沖縄県那覇市

所属:Pitch Odd Mansion

Twitterはこちら

Instagramはこちら

心地よい独特なフローや等身大のリリックが魅力の唾奇。今ではライブや客演に引っ張りだこで、HIPHOPシーンに欠かせない存在となりました。

現在は、地元の沖縄を拠点に音楽制作を行なっています。

ラップを始めたきっかけ

幼い頃に母親から見捨てられ、姉はシンナーを吸っているという壮絶な環境で育った唾奇。幼少期は祖母とともに生活していました。

そんなある日、姉が連れてきた彼氏の影響でHIPHOPにのめり込むようになりました。なかでも一番衝撃を受けたのがキングギドラの『トビスギ』という曲だそう。

まさに ”唾奇が狂ったのはギドラのせい” ということですね。

また、ラップを始める前にダンサーとして活動していたことは意外と知られていなかったりします。

Sweet Williamとの出会い

のちほど紹介しますが、唾奇の楽曲に欠かせないのがトラックメイカーSweet Williamの存在。

そんなSweetWillamと唾奇の出会いは国際通りにあるバー。

当時、唾奇が働いていたバーにたまたまSweet Willamが旅行で立ち寄ったのがきっかけだそうです。この出会いがなければ今の名曲は存在しなかったでしょう。

現在は2人とも、国枝真太郎を筆頭とするクリエイター集団「Pitch Odd Mansion」に所属しています。

唾奇のファッションにも注目

唾奇はラップはもちろんですが、そのファッションにも注目が集まっています。

2017年にはAPPLEBUMとコラボしたことで話題になりましたよね。

また、APPLEBUMのYouTube公式アカウントでは唾奇のゲリラライブの映像を公開しているので、チェックしてみてください。

アルバム【Jasmine】

2017年に唾奇×Sweet Williamがタッグを組んだアルバム【Jasmine】がリリースされました。

このアルバムで唾奇のことを知った人も多いのではないでしょうか。

アルバムには2015年にリリースした代表曲の『道-Tao-』やJinmenusagiとコラボした『Girl』など全13曲が収録されています。

こしょー

Good Enoughがおすすめ!

唾奇のことを知らない人はまずこのアルバムから聴いてみるといいですよ。

【厳選】唾奇のおすすめ曲を紹介

こしょー

唾奇のおすすめ3曲を紹介します!選ぶの大変だった、、、

『ame』(feat.MuKuRo)

韓国のアーティストZion.Tの『no make up』という曲のビートジャックです。

個人的には、唾奇の曲のなかで一番好きです。

「チル」という言葉がこれほど似合う音源は他に見当たらないくらいの名曲。題名の通り雨が降っている夜なんかに聴いたら最高ですね。

MuKuRoのhookも抜群にイカしてます。

『Walkin』

この曲もSweet Williamがトラックメイクしています。本当に唾奇と相性がいいんですが、なかなか言葉に表すのがむずかしい。

そこで、YouTubeにいいコメントがあったので引用しておきます。

ひたすらオシャレなSweet Williamのトラックにやさぐれ気味で哀愁感ある唾奇のラップ、対極にも思えるのにどうしてこんなに相性良いのだろうか、‬とても良い音楽だ。‬

ある意味2人が対極であるからこそ、トラック上で唾奇のフローとリリックが輝くのかもしれませんね。

『Soda Water』

女性シンガーのYOCOと唾奇がコラボした一曲。YOCOは「illiomote」というユニットで活動しているのでチェック。

『Good Enough』の時のkiki vivi lilyもそうですが、唾奇と女性シンガーの相性って抜群にいいんですよね。

また、MVの女性が可愛いと話題なっていますが、彼女は唾奇と幼馴染で読者モデルのUnaさんです。他にも、MVには同レーベル所属のサトウユウヤやANPYOが出演しています。

唾奇がfeaturingしている曲

こしょー

唾奇がfeaturingしているおすすめ3曲を紹介します!

『Cheep Sunday』hokuto

有名トラックメーカーhokutoとのコラボ曲。

Maze(feat.Frankie Beverly)の『Reason』という曲が元ネタになっているそうです。

いい感じに力が抜けたフローで、 一日の終わりに聴くとすごくエモい気持ちになります。

「食えてもないのにjobって言うんだよ」

「クソダサいのにあいつは売れて」

等身大で心に刺さるリリックが多いのもこの曲の魅力です。

『all green』DJ RYOW

DJ RYOWと唾奇が組んだ間違いない一曲。

唾奇が27歳という若さで亡くなった親友に向けて書いた曲です。哀愁が漂うラップのようで、なぜか励まされるような不思議な力があるのがこの曲の大きな魅力。

送り出すからには明るく笑顔で、そんな気持ちが込められているのではないでしょうか。

『Take It Easy』WILYWNKA

大阪の若手ラッパーWILYWNKAと『Take It Easy』でコラボが実現しました。

歌詞だけ聴いていると2人のクズっぷりが目立ちますが(笑)、キャッチーで夏にのんびり聴きたくなるような曲に仕上がっています。

こしょー

「ヤれそうな女にいいね」はもはや超有名なリリック!

WILYWNKAついては以下の記事からどうぞ。

【ラッパー】WILYWNKA(ウィリーウォンカ)とは?経歴やおすすめ曲を紹介!

【まとめ】ラッパー唾奇とは?

http://fljtokyo.com/music/tsubaki.html

唾奇は壮絶な過去の経験からくる等身大のリリック、脱力感のある独特なフローが特徴のラッパーです。

現在、もっとも人気を集めているラッパーの1人といっても過言ではないでしょう。

ここで紹介しきれなかった曲もたくさんあるので、気になったらぜひディグってみてくださいね!

Apple Music

HIPHOPを聴くなら曲数が豊富で使いやすいApple Musicが圧倒的におすすめです。

3ヶ月間は無料体験ができるので、有料サービスに登録していない人も、他のサービスを使っている人も試してみてはいかがでしょうか?
\HIPHOP聴くならこれ!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です